スケッチ・オブ・ミャーク鑑賞

懸賞 2012年 12月 09日 懸賞

今朝すべりこみで鑑賞してきました。 10歳の男の子が登場するのですが、そのこに泣かされたというか・・・・その子を励ます回りの人たちのあたたかさに泣けたというか★ そして・・・・今の世は、その人その人にとって「神」とは宗教として色々違いはあれど・・・大いなる自然へのまたは、見えないもの大いなるものへの感謝 敬い 祈り・・・・それは結局かたちは違えど、行き着くところは同じなんだなぁ~と思って鑑賞していました。今のこんなときだからこそ、この宮古島の人々のこういう歌を聞くことができてよかったと思いました。今日は、知人が洗礼を受けてクリスチャンとなる日だったのですが・・・・場所はと違えど、その知人のことを思いつつ、我はこの映画を鑑賞していました。先人の話、こういう話を聞けるチャンスがどんどんなくなってくる、今のときだからこそ、見ていただきたい映画でした。
     
     
[PR]

by j_lee_u | 2012-12-09 18:44 | 映画 | Comments(0)

<< なんて可愛いの   この前から >>