夏天協奏曲

懸賞 2013年 04月 28日 懸賞

台湾は金門を舞台とした作品。若者、青春・・・そして台湾。台北とは違い、のどかでもあり、しかしながら「地雷」なども残っている、金門という歴史も感じさせながら、人が人を愛するお話。最後で、ぼろぼろ泣けた。
我々のようにもう余生のほうが・・・という年代が、大事な人の為に毎日参るのはよいけれど、10代の若者が・・・という、そんなシーンが出てきた時、ボロボロと泣けてしまいました。この先長いのに、この想いを背負って生きてゆくのか?って。でも、若いからこそ、何とかその想いからも立ち上がっていく力があるのかもしれませんね。よい映画でした。 
c0054118_9231126.jpg

       
[PR]

by j_lee_u | 2013-04-28 09:23 | 映画 | Comments(0)

<< がははは 楽しみ   少しでも早く・・・ >>