観てきたよぉぉ~「暗いところで待ち合わせ」

懸賞 2006年 12月 03日 懸賞

c0054118_23212341.jpg観てきました~ボーリン君♪帰りにChristmastreeを見に行きました。
その時壁に光るいろんな光りが綺麗でパチリ♪
「暗い所で」のチケット半券と、特典しおり。
しおりには、フィルムが入っています。友が「1枚私のをあげる!」とくれたので、2種類のボーリンが手元に来ました。ユニクロの袋の上で撮るか?我(^^ゞ (爆)
c0054118_21145737.jpg





分かっていたのは・・・・眼のみえないミチル。アキヒロがどうやら駅での事故に関係していて、ミチルの家に隠れる・・・ということぐらい。あんまりストーリを知ってもね、面白くないしさぁ~。ポーリンに会えるのを楽しみにあまり情報は入れずに行きました。
ボーリンインタビュー記事(cinemacafe.netさん)
我が家の過去記事
だから、岸部さんが出ていることすら知りませんで(^^ゞその岸部さんがそんなにすぐに姿を消すとは思いませんでした。びっくりして観ていました。

後びっくりといえば、話の展開ですか・・・。アキヒロのことが少しずつ、少しずつあかされて行く。
「ひぇ~。っていうことは・・・アキヒロは・・・ってこと?」って言うのが、お話も中盤にさしかかった頃、ある女性の登場で明らかにされていく。これは、予期してなかったなぁ~。

で、かなり後半・・・・アキヒロが自分の@@をミチルに打ち明ける時の台詞が、
その、ちょっぴりぎこちない様で、それでも流暢な日本語が・・・リャンソンの日本語と同じく
とても可愛い響きで思わずリーホンを思い浮かべてしまいました。勿論、台詞の中身は「可愛い」とか言うしろものではありませんけれどね(^^ゞ 不謹慎で、ごめんなさい。

c0054118_2158869.jpg駅のホームとミチルのあのお家。勿論、部屋はセットで撮られたものかもしれませんが、よくぞあのちょっぴり寂しさも感じられるような駅と、あの距離のお家を見つけてきたなぁ~なんて・・・・ロケ地としてなんかよく見つけたなぁ~。なんて思いながら観ていました。(こういうとこ、ちよっと変なやつなんですよね、我)

ミチルこと、麗奈ちゃんの演技も素敵でした。かわいいよねぇ~♪見える人が見えない人を演ずる。これって本当に難しいと思うんだな。でも・・・とても自然に見れましたよ。
お父さんがいる時も、いなくなってからも、『おやすみなさい』といつもとかわらず呟いて階段を登るミチルの姿に・・・・キュンと来てしまいました。
アキヒロの存在に気づき始めて、食事をともにするのも・・・・どこか、お父さんの存在を重ねるというか・・・・「たとえそれが幽霊でもいいから・・・・そんなことはないけれど。」みたいな思いもどこかにあったんじゃないかな?って、思って観ていました。
c0054118_2273496.jpg
『一人でも活きていける』みたいな言葉を自分で自分に言い聞かせるようなシーンがあったんだけれど・・・・。ミチルがそう言って、自分の萎えそうな気持ちを奮い立たせようとするのはよくわかるんだよ。でも・・・・『いやいや、人間、絶対一人では生きられないんだよ!一人で生きているようでも、何がしらのかたちで、必ず誰かの支えをいただいて生きてるんだよ~』なんて心の中で呟くUでありました。

c0054118_22121292.jpg岸部さんの父としての愛も素敵だったし。アキヒロのミチルのことを大事にする心も。ミチルに心を開いていくところもとてもいいなぁ~と思いながら・・・・背景にある怖さ(事件)も見え隠れしつつも、みいっていました。
ただ、映画を観て器の狭い我はイライラしていたところもあり。
それは、悲しいかな、本当に今の世の中に見受けられる風景の一つでもあるシーンたち。映画のシーンが悪いとかでなはなくて、「そうなんだよ!実際にこういう場面あるんだよね★杖を持って出るってこんなにも怖いんだよ。なんでみんなもっと優しくできないんだろぅ。」なんてね。
「アキヒロにこんな仕打ちして、あんたになんのとくがあるってんだ!」とか怒ってた我でした(^^ゞ
一緒に鑑賞していた朋友がポロリ・・・・・『映画を観た人が、こういうことはしないでおこうって思ってくれると嬉しいね。』って。 さすがである・・・・・器の小さい我は怒ってましたが(^^ゞ朋友はそう言いはなったのであった。本当に、そうだよねm(__)m
[PR]

by j_lee_u | 2006-12-03 23:23 | 映画 | Comments(10)

Commented by しんしん at 2006-12-04 21:09 x
見てきましたかぁ~~ボーリン君
彼は 日本の風景の中にも美しいほどピッタリと溶け込みますね
東京の都心の中に居ても、郊外の街角に立っていても 溶け込む存在感は 摩訶不思議な感覚
アキヒロ役は 彼だからこそ!!出し得た魅力を感じましたよ~
って、、、私も見たのですよん(^^)v

出演シーンが少なかった(?)岸部 一徳さん、佐藤 浩市さんですが 
ストーリーの中では印象深く残る存在感があったなぁ・・・

ボーリン君、、、、日本語 GOOD!!  眼力 底知れぬパワーを感じるわーーー      ねっ?! Uさん!!
Commented by j_lee_u at 2006-12-04 22:11
★しんしん姐・・・そうなのね観たのね♪
では、明日以降に追記をまっててね(^^ゞできるんか我。

で・・・一緒に観た我的朋友もそう言ってたよ
「ボーリン君の眼の力すごいねぇ」って。文言は違ったかもしれませんが、同じ意味のことを言ってたよ。
ああっ、語りたいことは山ほど。載せたいものもあるのに・・・
時間が・・・・仕事が・・・・・。

昔、岸部さんを向かい側のホームでみたことがありました。
渋谷の駅で。我は仕事で電車移動するときでしたが・・・・
おおっ!って 普通のおじさんじゃん・・・みたいな感じでしたよ(笑)
失言であればすいませんm(__)m
Commented by しんしん at 2006-12-05 20:40 x
語りたいこと、載せたいもの いっぱい いっぱいあると思います!!
焦らず、慌てず、、、ゆーーっくりでいいですよ"^_^"
世間は師走で慌しいけど、ココは ゆ~っくりネ!!

わはっ、、、岸部さん 渋谷駅で見かけましたか~
岸部さんは その昔はギタリスト(ベース)だったのですよ
歌声も低音の渋い魅力な声  
私が知っているのは 岸部 修って名前の時から、、、
今では イーイ役者さんになってしまった、、、おじさんだけど(^。^)

Commented by るいす at 2006-12-05 21:09 x
Uさん、こんばんは。
私も昨日、見てきましたよー。皆さんと同意見!ボーリン君のめぢから、すごいこと!麗奈ちゃんのできるだけ表にでない、抑えられた感情と
ボーリン君の眼から伝わる憎しみや悲しみの強い感情が対照的で、それがお互いをおぎなう感じでよかったなぁ。
駅や街の感じ、ミチルのおうちの中もいい感じでした。題名は「暗いところ」なんだけど、なぜだか冬のやわらかい陽差しが心に残る、チョコっとまぶしい映画でした。見に行ってよかったぁ、Uさんありがとうデス!
ええっと、↓にチェック入れなければ、オープンですよね?勇気を出して・・・。あー、ドキドキだぁ。
Commented by j_lee_u at 2006-12-06 18:22
★しんしん姐・・・そうだよねぇ~
リーホンも動きが表面化してないし、師走だし、我が家は毎日シーン
としていますよ。リーホン活動中はグルグル回っていたけれど、
この数ヶ月はシーン★ですよ(笑)

それに、ブログ人口も増えて、それぞれで立ち上げてらっしゃいますしね。 輪をかけて、ノーンビリ 行きましょう、我が家は。

まったりまったりでW(*^^) 

>岸部 修 
そのお名前では知りませんでした。ジュリィィィ~達と一緒にバンド
してらしたのは、存じ上げてますが(^^ゞ 昔なつかしあの人達
みたいな番組で観ただけで、けっしてコンサートに行っていた歳ではありませんけど(笑)

ボーリンのことは早く・・・しゃべりたい\(◎o◎)/!
Commented by j_lee_u at 2006-12-06 18:24
★るいすちゃん・・・・いらっしゃい♪
わかるわかる、ドキドキするよね書き込みって。
でもこれからも、気楽にどーぞ(^_-)-☆

そうかぁ~るいすちゃんも観たんだね「暗い所」いいよねぇ~
ドキドキする ヒヤヒヤする もあるけど・・・・
う~ぅ 早く語りたい(+o+) ぎゃはは

Commented by るいす at 2006-12-07 23:33 x
わ~。Uさん、ありがとうデス。一回オープンにしたら、
もう二度目からは楽勝かぁ~、どうかはわかりませんが、
改めて、どうぞよろしくお願いしますデス。

Uさんの「暗いところ」のレヴュー、
うん、うん、そうだよねー、ってうなずきながら読みました!
映画観終わって語れる素敵な朋友がいていいですネ!
私なんざ一人で見ました(涙)。

う~ん、「幻遊伝」も見たくなってきた・・・
それから、あ~ん、リャンソンの日本語が聴きたいよ~
Commented by j_lee_u at 2006-12-08 22:56
★るいすちゃん・・・いえいえ、お気楽にどーぞ(*^。^*)/

>うん、うん、そうだよねー、ってうなずきながら読みました!
まぁ~ありがとう(*^。^*) 「うんうん」って思ってくださる所
ありましたか。
いつもダラダラの感想で申し訳ありません(^^ゞ

>映画観終わって語れる素敵な朋友がいていいですネ!
本当に、有難いことです。そういう友がいるということ、感謝ですよね♪

でもね・・・このところ急にその朋友とも鑑賞に行ってますが、
それまでほとんど 我も一人で観てますよ(爆)

一人で映画を観るような歳に、気づいたらなっとりました(爆)
おおっ!「幻遊伝」かぁ~。我は見損なっております ぎゃはは。

リャンソン是非ご覧ください。今からならば沖縄で観れます。
さもなくば、次の機会だね・・・・でも是非観てね♪

Commented by しんしん at 2006-12-11 21:16 x
シーーーンとしてるので出てきました(あはっ、冗談 冗談)
と言いながら ボーリン君とこに出てくるワタクシ(笑)

来年から 月9でボーリン君に会えるのですねん(^。^)
リリー・フランキー氏のあの自伝小説が ついに連ドラに!!
主役は、もこ君(速水もこみち君)ですが、彼の住むアパートり隣の住人にボーリン君!!(ただ、役どころが、キャバクラのウエイターってのが、、、、) 台詞も日本語、、、いやぁ~ おネエさんの楽しみ♪増えましたわ(笑) 日本のお茶の間(?)で ボーリン君が見られるなんて!!
ニマニマしてはいけない!!(^^ゞ 
   リーホンーーーー 早く 歌の世界に帰って来てーーー
   そして、日本にも来てーーーー  (爆)
Commented by j_lee_u at 2006-12-12 20:49
★しんしん姐・・・・そうそう、師走もあって、リーホン情報もなくて、
のんびりまったりの我が家だから「シーン」とし続けてるのよ。
いつでも吠えて(爆)

そうそう、月9にボーリン出るなんてねぇ~昔じゃ考えも
つかなかったよ。「ポスト金城武」なんて言われて台北で登場。
日本に来ることすら、予測もしてなかったあの頃。

もこみちかぁ~(意味深・笑) まっ、ボーリン目当てで拝見しましょう♪

リーホンねぇ~映画とり終わったら・・・そのまま休暇に入って
少しゆっくりしてもらいたいよね。寂しいけどさ。
大切な人は、やっぱり、元気でイキイキしててもらいたいからさ。
心の洗濯もしてもらいたいよ、のんびりとさ。

<< 幼なじみ?!   『ミラクルバナナ』我的朋友レポ >>