サウスバウンド

懸賞 2007年 10月 07日 懸賞

c0054118_1712779.jpg公式サイト
「ナンセンス!」という豊川さんにヒヤヒヤさせていただきながらも、ある意味危険ではあるが、たのもしい父を感じさせていただいた作品だった。「めがね」同様、8月頃から観たいなぁと思っていたので、ついに来たかこの日が・・・でした。
以前の話
この2人は・・・金城くんの時代劇姿をみせてくれた作品「ミスティ」でも共演なので・・・いつの日かまた3人で何かに出て欲しかったりもする。しかも、豊川さんといえば・・・「愛していると・・」のドラマでドリの歌と共に・・・ですね。いろんなところで繋がってるわけです。






うん・・・沖縄がみれるのもあって観てみたいと思ってましたが。前半は都会での生活の様子がほとんどで、いつ青い海が観れるのかとクビを長くして待っていました。で、いざ青い海や島の風景が映ると・・・これまた自分でもわけのわからない涙がボロボロてした。毎回、ヘンテコナ我の様子を伝えているので、こちらを覗いてくれる人はご存知ですよね。
今回は、子ども達や島の様子、海の映像etcが流れるたびに・・・自分の意思とは別で涙が流れたのでした。何の涙かは??です。
自然の懐厚い美しさに何かを感じていたのか・・・はたまた・・・・。
ただし、ストーリーとして泣かせる場面ではありませんでした!!ってことはかき加えておきましょう(笑)

ストーリーでは・・・これまた、とうちゃん かあちゃんが一筋縄ではいかない人達で。でも、ある意味・・・とてもしっかりとした「自分なりの考え」を持っている人達でして。2人とも肝っ玉が座ってるって人物でしたね。

我が子どもの頃、近隣に某大学がありまして・・・・うっすらの記憶ですが・・・クラブボックスみたいなところに色々看板が貼って有って、赤いヘルメットとタオルで顔を少し隠したお兄ちゃん達がまだ少しウロウロしていたのを思い出しました。学生運動の残り・・・・だったのでしょうね。

そんな2人の子ども達が、これまたとってもいい子に育っているのです。いい子達でした。
特に桃子ちゃんには、声にも、台詞にも癒されましたよ。可愛いよぉぉ~♪

西表島の文字が出てますが、エンディングロールをみてたら「今帰仁のみなさん」なんて文字があったから、これはと思い公式サイトみたら、ちゃんとマップありました。ぽちっ☆
また、「真昼ノ星空」の時もでしたが沖縄フィルムオフィスさんの名前もエンディングロールで上がってきましたよ。

まあ、我の涙がなんなのかは・・・いずれ分かるときが来るでしょう。まずは、豪快な父を観に行ってください(^_-)-☆強い母の姿もね。そうそう、松山くんがいい味出してましたよ☆
[PR]

by j_lee_u | 2007-10-07 17:04 | 映画 | Comments(0)

<< 光のカーテン   「未来予想図」観ました。 >>